「いつもの暮らしがもう少し嬉しくなる」

そんなアイディアを発信している木工所です!

​くらしを愉しく彩る、素朴で温かみのある雑貨や家具を製作しています。

 - もう少し嬉しく - 

お気に入りのものは誰にでもあるはず。

そのお気に入りたちを、ふんだんに活かすアイディアをご提案しています。

あなたのお気に入りが、もっと素敵に、もっとワクワクに. . . なったらよいな♪

そんな思いで日々、考えたり、作ったりしています。

「昨日よりもう少し嬉しく!」

​工房カワサキヤでは、みなさまの暮らしに寄り添い、普段の生活がもう少し嬉しくなる、素敵な居場所作りをご提案しています。

 - 考えている人、作っている人 - 

kk

1983年静岡県島田市金谷生まれ​

技術専門校で木工技術を学ぶ

恩師のもとで修行を積む

2018年、工房を構える

2020年、木製品ブランド「工房カワサキヤ」を立ち上げ、ポスレイト販売開始

2022年現在に至るまで、オリジナル木製品を製作発売

​・趣味/山登り

基本、私1人でデザイン〜製作をしております。

ひとつひとつ、丁寧に、細部まで綺麗に仕上げることを心がけております。

杉野桂介 

Keisuke Sugino

​木工職人

スクリーンショット 2022-08-17 22.38.04.png

 - つくることを未来へつなげる - 

 - 資源について - 

「無駄なく、効率よく、木材を端から端までしっかり使わせていただく」

原材料の価格高騰が止まらない中、いまある資源に感謝し、

シンプルに無駄なく、効率よく、物作りができるようにと常に考えています。

小さな工房ですが、資源(材)を大切に、これからのためにできることを考え取り組んでいます。

 - 環境配慮のパッケージ - 

資源は木材だけではありません。

環境に配慮して、パッケージも無駄なく、シンプルに!

プラスチックや、ビニール素材は使わず、ダンボールパッケージを採用。

配色も、「クラフト&ブラック」をテーマカラーとして、無駄のないシンプルなデザインで構成し、

環境にやさしいパッケージデザインを採用しています

 - 屋号と建物について -

屋号は、母方の曽祖父​が1915年に「洋品のカワサキヤ」として開業して以来、

祖父、それから母と引き継がれてきた屋号です。

独立後、工房を構える際に「カワサキヤ」の屋号を継承したいという想いから「工房カワサキヤ」として工房を構えました。

建物は、父方の祖父が使っていた茶工場をリノベーションしました。

剥き出しの梁や柱に土の壁。茶工場時代の面影を残しつつ、古さと新しさを共存させた空間につくりあげました。

柱に残された祖父のメモ書きが、いつも近くで見守ってくれているような気がします。

​取り壊しの話も上がった茶工場でしたが、建物を継承することができ、祖父とのつながりを感じることができました。そしてここに足を運んでくださる方がいることを、ありがたく感じます。

工房カワサキヤ 

kobo kawasakiya

 - 木製品製作・販売 - 

428-0011  静岡県島田市番生寺 221-1

0547-47-0507

kawasakiya.info@gmail.com

 

HP:www.kawasakiya.site

online shop:kawasakiya.base.shop

Instagram:@_kawasakiya

ja.png